脱毛の施術は成長期、退行期、休止期に分かれる毛周期に合わるため、2~3か月に1回のペースでの施術になります。しかし美容サロンによっては月1のペースで脱毛の施術を行うことが出来ますが、それはなぜでしょうか。

全身脱毛の場合、上半身と下半身と分けると月1通うことが出来る

答えを先に述べれば、脱毛を上半身と下半身に分けることで月1ペースを可能にしているからです。多くの美容サロンの場合は全身の施術を1回に行うため施術時間が多く必要になりますし、1回施術を行うと2~3か月を空ける必要があります。

しかし上半身と下半身に分けることで施術の時間を短くすることが出来、その分他の人も予約を入れやすくすることが出来るため、多くの人が予約を入れやすい環境をつくっているのです。

全身脱毛の場合、美容サロンによっては月額制にすることで月々の支払いを少なく設定することが出来ます。しかし2~3か月に1回のペースでは通っていない月の方が多くなり、無駄に支払っている様な気分になる人も中にはいるかもしれません。

自分が通いやすいペースの浜松の脱毛サロンを見つけよう

サロンによって通えるペースが異なるので自分に都合の良いペースに合わせよう

そこで脱毛に通えるペースを月1と増やすことでその様な不満を払拭することも可能なのです。人によってはアフターケアを考えれば月1ペースよりも2~3か月に1回のペースの方が自身にあっている、という人もいると思いますし、生活リズムを考えれば月1では多い、という人もいると思います。

どのようなペースで脱毛に通いたいかは自身の考えで問題ありませんが、美容サロンによっては通うペースが異なることを覚えておくと、選択肢が増えて良いかもしれません。

脱毛前後のスクラブの使用はやめよう!

サロンやクリニックで受けることができる脱毛は、ムダ毛の自己処理よりも安全性が高いものと言われています。ですが、施術前後の注意点をしっかり守っておかないと、思わぬ肌トラブルが起こってしまうリスクもあるのです。

例えば、日ごろから「キレイなお肌を手に入れるため」という目的で、スクラブを使用してボディケアを行っている方も多いでしょう。そんな美容目的のスクラブも、脱毛の施術前後には、使わないようにしなければなりません。

デリケートな肌には負担が大きく傷つけるリスクがある

スクラブというのは、粒子をお肌にこすりつけることで、古い角質を落とすという仕組みのケアです。
健康なお肌であれば、ツルツルの美肌になれる魅力的な方法ですが、脱毛前後のデリケートなお肌に行うのは良くないのです。

なぜなら、粒子で強くお肌をこすることで、お肌に負担がかかってしまうからです。負担がかかり、傷ついたお肌では、施術を受けることが難しくなる可能性があります。また、施術後のお肌についても、軽いやけどを負ったような状態と考えられます。

脱毛後スクラブを使用したい場合は赤みや火照りが完全になくなってから

そのような状態のお肌に、粒子をこすりつけるようなケアを行うことで、多大な負担を与えてしまい、肌トラブルが起こるリスクが高まってしまうというわけなのです。

どうしてもスクラブでケアを行いたいのであれば、脱毛後、赤みや火照りが完全に治まってからにしましょう。

施術後の症状については個人差がありますので、「いつからなら大丈夫」ということは、一概には言えません。ですが、多くの場合は、施術の翌日にはお肌の状態が落ち着き、いつも通りのケアができるようになります。