光を照射して脱毛する場合のリスクとして、打ち漏れと言う現象があります。

これは照射しないといけない部分に光が当たらなかったせいで、その部分だけ体毛がそのままになってしまうことから、すぐに確認することができます。

サロンスタッフの脱毛技術が高いサロンを選ぼう

本来ならあってはならないことですが、脱毛する部位によっては複雑な形状をしていることから細かい部分に光が当たらなかったということはあり得るのです。

もちろん、脱毛を行う施設側でも打ち漏れがないように対策はとってあります。例えばスタッフのスキルアップなどの教育です。

直接マシンを使うスタッフの腕と経験が確かなら、その分打ち漏れが発生する可能性は少なくなりますし、照射口のサイズを大小償複数のものを用意して、身体の部位ごとに細かく使い分けることでまんべんなく光が当たるようにするなどの工夫も行われています。

照射口が大きいものは吸引しながら光を出すので、バストトップ周辺などの部位の場合は吸い込まないようにしながら行ってくれます。

スタッフの技術が高い浜松の脱毛サロンを見つける

打ち漏れに気が付いた時には一度スタッフに相談してみましょう

それでもどうしても打ち漏れが起こってしまった場合には、無料で追加照射などを行うようになっている所もあります。

光を照射してもらった後に一時的に体毛が抜け落ちますが、もし抜け落ちていないところがあった場合は相談してみるといいでしょう。事前カウンセリングの時に、もし打ち漏れがあった場合の追加照射についてはどのようなシステムになっているか、尋ねておくことを忘れずに行うと安心ですね。

脱毛しても減らないと悩んでいる人へ

お洒落や美容に敏感な女性にとって、むだ毛は大敵であり大きな悩みでもあります。特に肌を出す季節が近づくと、自分の肌が必要以上に気になってしまいます。

処理しても次の日には生えてきてうんざりする人も多いでしょう。自己処理は面倒な上に終わりがなく、サロンで脱毛を行う人が増えています。理想の素肌を手に入れる人がいる一方で、思ったように減らない、一度綺麗になったのにまた増えてきた、といった悩みを持つ人もいます。この悩みの原因は、毛の周期が関係しています。

毛の周期には「成長期」「退行期」「休止期」があります

サロンで行う脱毛が効果を発揮するのは成長期の毛に対してです。成長期の毛は全体の2割から3割程度です。体の同じ部位でも、休止期の毛もあれば成長期の毛もあります。

そのため、表面の毛を処理しても減らないように感じてしまうのです。この毛の周期の関係で、一度綺麗になったのにまた生えてきたように見えてしまいます。実際は効果がないわけではなく、皮膚の下にある毛の量は確実に減っています。

毛の周期は体の部位によっても異なります。周期に合わせて定期的に脱毛することで、徐々に表面にでてくる毛の量が減ってることを実感できます。

肌の表面のみ綺麗にするカミソリ処理は終わりがありません

自己処理だと、肌の表面が一時的に綺麗になったように感じますが、実際の毛の量が減ることはありません。カミソリや毛抜きを使用した処理は肌を傷める原因にもなります。

人目を気にするあまり、自分の肌を傷めてしまうのは避けなければいけません。一人で悩まずに、サロンでプロの施術やアドバイスを受けるのがおすすめです。